Category: 福島市

靄の中 / 女沼(めぬま) 土湯温泉

女沼(めぬま)

今日は土湯温泉の山間部にある女沼(めぬま)に
靄がワンポイントで気に入った。

この後、目的地である思いの滝へ



カメラ機種名 Canon EOS 7D
撮影日時 2011/09/11 15:09:35
著作権情報 Tsuyoshi Watanabe
Tv(シャッター速度) 1/125
Av(絞り数値) 5.0
ISO感度 100
レンズ EF-S15-85mm f/3.5-5.6 IS USM


■女沼(めぬま)
女沼(めぬま)は福島県福島市土湯温泉町に位置する周囲約2キロメートルの沼。
福島市西部の土湯温泉街の山間部、吾妻連峰山麓の標高532mの場所に位置し、周囲は約2キロメートル、最高深度は8.7メートルである。数千年前に山津波によって男沼とともにできたという伝承があるが、実際は火山活動によって生じたといわれている。女沼には雨乞いの風習があり、日照りが続くと沼の北端にある両沼大明神に村人が集まり、五枡樽を割って仲の酒を飲みながら祈祷をしていたという。沼周辺には手付かずの自然が残っており、また、沼にはイワナやヘラブナなどが生息していることから多くのハイカーや釣り人が訪れている。近辺には仁田沼、男沼も位置しており、それぞれの沼へは遊歩道が通じている。

不動沢橋 / 磐梯吾妻スカイライン

不動沢橋 磐梯吾妻スカイライン

2011年8月12日 撮影
磐梯吾妻スカイライン
不動沢橋




不動沢橋の夜明け / 磐梯吾妻スカイライン



2011年8月12日 撮影
磐梯吾妻スカイライン つばくろ谷
『不動沢橋』


不動沢橋は磐梯吾妻スカイライン最初の絶景スポットです。旧不動沢橋は1959年につばくろ谷に架けられ40年ほど使用されてきましたが、2000年に現在の不動沢橋が完成し撤去されました。新不動沢橋は旧橋よりも福島市街側に架けられ、ここからははるか下に信夫山や福島市街など福島盆地のほぼすべての範囲を見渡せます。
 不動沢橋の架かるつばくろ谷は非常に深い場所にあり、遥か下には滝の流れを見ることが出来ます。



吾妻八景 つばくろ谷 吾妻スカイライン

吾妻八景 つばくろ谷
不動沢橋の上から撮影

先週末は滝桜の里三春町を朝4:00起床で吾妻スカイラインへ紅葉撮影
現地6:30到着
しっかり通行料を徴収されました。6:00までは無料。
紅葉はちょっと早い感じ。今週末が良いでしょう。

写真は、吾妻八景の一つ
「つばくろ谷」
多くの観光客、カメラマンで賑わっていました。

■つばくろ谷 不動沢橋
不動沢橋(ふどうさわばし)は福島県福島市在庭坂にある福島県道70号福島吾妻裏磐梯線(磐梯吾妻スカイライン)の橋。 全長170mの鋼上路式ローゼ桁橋。2000年に老朽化のため旧橋から架け替えられた。
吾妻八景のつばくろ谷を跨いでおり、谷底まで84mある。