Tag: ふたご座流星群

ふたご座流星群 2017 / 三春町

2017-12-14_ふたご座流星群
画像クリックで拡大



2017年12月14日 撮影
三春町 三春ダム




2017年のふたご座流星群の撮影
運良く北斗七星付近を撮影していると

山に刺さっていくように星が流れた

流星 / 三春町 星景写真

2017-12-10_ふたご座流星群01
画像クリックで拡大


2017年12月10日 撮影
三春町 三春ダム




昨夜はK’s Photoさんと撮影
ふたご座流星群なのか、、、
久々に流星を捕えた!

ふたご座流星群 2015

2015-12-13_秋元湖ふたご座流星群01


2015年12月13日 撮影
裏磐梯 北塩原村



ふたご座流星群2015の活動の極大は、12月15日午前3時頃と予想されていたが
当日の天気は期待できなかったので12日~13日かけて撮影した。


木星からおうし座までを一枚で撮影
運良く写真中央に星が流れた














Canon EOS 6D
2015/12/13 01:42:02
20.0 秒
ISO 5000
F2.8
EF15mm f/2.8 Fisheye
Lee No.03




ふたご座流星群 三春町

20141214_ふたご座流星群
画像クリックで拡大


2014年12月14日 撮影
三春町 三春ダム



2014年12月14日ふたご座流星群の極大時刻を過ぎた
23時ごろから1時間ほど撮影

100枚近く撮影したが撮影に成功したのは2枚だけ









Canon EOS 5D Mark III
2014/12/14 23:43:06
25.0 秒
ISO 6400
F4.0
Canon EF17-40mm f/4L USM







ふたご座流星群

20131215_ふたご座流星群
画像クリックで拡大


2013年12月15日 撮影
いわき市四倉 ふたご座流星群



この日は、ふたご座流星群を撮影に3時起床にて出発
三春町内は雪が降っている

天気予報では田村市滝根町当たりで天気は晴れの予報だった為
天文鑑賞で有名な滝根町にある仙台平の展望台へ
天気予報はハズレ、雪も降っている

予定変更で、小野町から高速に乗りいわき方面へ
いわき市に入ると星空が見える
四倉インターを降り路肩に車を寄せ木星が輝く西の空を撮影
なんとか間に合った















Canon EOS 7D
2013/12/15 05:10:18
15.0 秒
ISO 1600
F3.2
EF15mm f/2.8 Fisheye

※EOS 5Dmark3は現在修理中












ふたご座流星群

IMG_9157_DPP

IMG_9195_DPP

IMG_9079_DPP

111

222

2012年12月14日 撮影

ふたご座流星群

撮影する予定はなかったがAM3時に目が覚めたので
三春ダムと実家近くの杉の木を入れて撮影
この木は昔からのお気に入り

4,5枚目はコンポジット加工
4枚目 15秒の100セット
5枚目 15秒の65セット

■ふたご座流星群
ふたご座流星群(ふたござりゅうせいぐん、学名 Geminids)はふたご座α星(カストル)付近を放射点として出現する流星群である。ふたご座α流星群(ふたござアルファりゅうせいぐん)とも呼ばれる。12月5日頃から12月20日頃にかけて出現し、12月14日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。
ふたご座流星群の母天体は長らく謎であったが、1983年に、NASAが打ち上げた赤外線天文衛星IRASによって、ふたご座流星群に酷似した軌道を持つ小惑星・(3200)ファエトンが発見され、現在ではこれが母天体とされている。すなわちファエトンはかつては彗星であったが、ガスやチリなどの揮発成分を放出しつくしてしまった天体で、以前に放出したチリが地球の軌道と交差する軌道を巡っておりふたご座流星群となっているということである。ファエトンが太陽の周囲を公転する周期はわずか1.43年であり、現在知られている中で最も周期が短いエンケ彗星の半分以下である。また、ファエトンはかなり歪んだ楕円軌道を持ち、太陽に最も近づいたときは水星の軌道よりも遥かに内側に入り込む。このため、頻繁に強い太陽光を受け、揮発成分が無くなってしまったと思われる。明らかに活動している流星群で、母天体が小惑星であると分かっているのは、2005年現在ではふたご座流星群だけである。
ふたご座流星群は、毎年1時間あたり20個から30個の出現を見せる。条件が良いときは、1時間に50個から60個出現することもある。他の流星群のように当たり外れが大きくなく、堅実な活動を見せる。流星群の活動度が高いこと、放射点が日没頃からほぼ一晩中地平線の上に出ていること、夜が1年のうちで最も長い時期にあたること、大気の透明度も良い時期であることから、一晩のうちに見られる流星の数が最も多いことで知られる。極大はあまり鋭くなく、出現は12月10日頃から顕著になり、極大の前後1日から2日程度は極大と同程度の流星が見られる。一方で、それが過ぎると急激に減少するのも特徴だ。
ふたご座流星群の流星は、流れる速度が速くもなく遅くもなく、明るい火球なども多くなく、流星痕もあまり残らない、比較的地味なものであった。これは、対地速度が35km/sと流星群の中では平均的であることなどによる。しかし近年、満月級の明るい火球や流星痕が観測されることもあり、活動的な側面もある。