いわき サーフィン





いわき、豊間ポイントにて
先週の土曜日はサーフィン撮影。

白鳥 @白鳥浜



夕日を撮影して帰ろうとした時、西の方から白鳥が飛んできた。

三脚を付けたまま手持ちで持ち上げて撮影

夕日が白鳥の体にあたってオレンジ

白鳥浜の夕日 猪苗代湖

白鳥浜の夕日

白鳥浜の夕日


猪苗代湖、白鳥浜で撮影

CANON EOS 7D + CANON EF 75-300mm F/4-5.6 III USM

BAR NAMU





久々に駅前に飲みに
BAR NAMU (バー・ナム)

いつもご馳走様です。
来月にカクテルパーティーがあるみたいです。

■第22回 NBA郡山クリスマスカクテルパーティー
郡山ビューホテルアネックス 4F 花勝見の間
18:30 開場 
19:00 開演
連絡先:Bar 八百甚 024-938-8158

http://nba-tohoku.kir.jp/branch_info/koriyama.html

■What’s Bartender
バーテンダー (Bartender) とは、バーやパブ等のカウンター席が設置された酒場で、カクテル・ビール・ワインなどのアルコール飲料を提供し、飲酒する客をもてなす人物を指す。
一説には、1830年代のアメリカで生まれた、 bar (酒場)と tender (世話する人、相談役)の合成語が定着したともいわれている。
日本では”バーテン”と略されてしまう事があり、特にシェイカー等でカクテルの調合をする人物を指す場合が多い。太平洋戦争後、アメリカ文化の影響が強かった時期にこれらの呼称が日本で定着したものと思われるが、酒場での飲酒文化がアメリカより古いヨーロッパではバーマン (Barman) の呼称が一般的で、その他、 Barkeeper 、 Barkeep などの呼称も用いられる。
フレアバーテンディングを行なうバーテンダーを、フレアバーテンダーと呼ぶ。

ILLUMINATION KORIYAMA STATION

郡山駅前イルミネーション

郡山駅前イルミネーション




先週、知り合いを郡山駅に迎えに行ったのでついでに撮影

■イルミネーション
日本ではクリスマスツリーなどの形で広く見られるほか、観光名所としても大規模に展開されることがある。また、個人の民家においてもクリスマスシーズンに向けて、家の周りをきれいな電飾で飾ることが増えてきた[1]。
光源には豆電球やムギ球が用いられてきたが、球切れが多いこと、消費電力が多いこと、発熱が樹木に悪影響を及ぼすことなどから、コストの点にやや難点があった。近年、高出力の発光ダイオードが安価になり、耐久性や発熱面、ランニングコストが格段に改善されるようになったことから、発光ダイオードを使用したものが増えている。青色発光ダイオードや白色発光ダイオードの台頭やその圧倒的な表現力により、特に青や白が多用される傾向にある。
イルミネーションが多い都市はイルミネーションシティ(イルミネーション都市)と呼ばれることもある。また、個人家を電飾で飾って楽しむ人をイルミネーターという。
またイルミネーションを専門として企画設計する人を、イルミネーションデザイナーと呼ぶ。

姫沼 中瀬沼探勝路 其の二



姫沼に綺麗に空が写る

姫沼 中瀬沼探勝路







先日の裏磐梯
中瀬沼探勝路沿いにある姫沼

満月 三春町



今夜、三春町は雨の予報だったため昨晩11月21日は満月を撮影
暦では今夜が満月


中瀬沼展望台 中瀬沼探勝路


自然は大切に
CANON EOS 7D + CANON EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM


CANON EOS 7D + CANON EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM


裏磐梯には雪が
CANON EOS 7D + CANON EF 75-300mm F/4-5.6 III USM

■中瀬沼
五色沼と同じように明治20年(1887)の磐梯山の爆発により、土砂が川をせき止め、多くの湖沼が出来た。中瀬沼もその一つである。この沼や中瀬沼探勝路は、五色沼と違って観光客が大変少ない。静かに沼巡りをするにいいところである。
中瀬沼は、水面を覆うように広がる樹木、水面に映る木々が美しい。また、沼の後背には磐梯山がどっしりと横たわっている。.


中瀬沼探勝路 裏磐梯



次に行きたかった場所は裏磐梯の「中瀬沼探勝路 」
詳しくは後ほど

■中瀬沼探勝路
裏磐梯のほぼ中央に位置する中瀬沼。
中瀬沼展望台から見える景色は写真や絵のポイントとしても有名で、中瀬沼越しに磐梯山が見え、四季折々にすばらしい景色を見せてくれます。
また、レンゲ沼探勝路と中瀬沼探勝路を結ぶ接続路がありますので、サイトステーションを基点に周回コースとして散策することも可能です。所要時間は約40分です。
(レンゲ沼探勝路はバリアフリーですが、中瀬沼探勝路と接続路はバリアフリーではありません。)
レンゲ沼探勝路との接続路にある姫沼も、紅葉の時季など とてもきれいです。