薄明の金星

20140323_勿来海岸01


2014年3月23日 撮影
いわき市 勿来海水浴場



薄明の時間、金星だけが輝いていた








Canon EOS 5D Mark III
2014/03/23 04:50:49
15.0 秒
ISO 800
F11.0
EF28-70mm f/2.8L USM




追記:2014/03/24
この日は金星が西方最大離角だったみたいだ。

■金星の西方最大離角
明け方の東の空にひときわ輝く金星が、3月23日に太陽からもっとも離れて西方最大離角となる。
地球の内側を公転する水星や金星は、太陽の反対側に来ることはないので、決して真夜中には見えない。空の中での位置が太陽から大きく離れることがなく、見える時は必ず日没後の西の空か、日の出前の東の空となる。
今回のように太陽から西側にもっとも離れるときを「西方最大離角」と呼び、この日の前後は日の出前に観測しやすい。反対に太陽から東側に離れる「東方最大離角」のときは、日没後の西の空で観測しやすくなる。
AstroArts




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)