Tag: 薄明

蒼の時

2017-07-16_秋元湖
画像クリックで拡大


2017年07月16日 撮影
裏磐梯 秋元湖





この日も前夜から裏磐梯に到着
仮眠をして日の出前から秋元湖にて撮影
















Canon EOS 6D
2017/07/16 04:01:59
Canon EF24-105mm f/4L IS USM



明けの明星

2017-06-24_スカイライン金星夜景
画像クリックで拡大


2017年06月24日 撮影
福島市
磐梯吾妻スカイライン





猪苗代側で天の川撮影を終え
今度は急いで福島市側に移動
途中、東の空に輝く明けの明星
金星を福島市の夜景と共に撮影した
















Canon EOS 6D
2017/06/24 03:20:14
Canon EF24-105mm f/4L IS USM

蒼の時 / 裏磐梯秋元湖

2017-06-10_裏磐梯_秋元湖_風景写真01
画像クリックで拡大


2017年06月10日 撮影
耶麻郡北塩原村
裏磐梯 秋元湖




日の出のメッカ秋元湖
この時期はカメラマンも比較的少ない

日の出の朝焼けも好きだが
日の出前の蒼い時の方が好きかも

この後、久々に東の空が焼けてくれました。




※この朝、第6回前田真三賞受賞の増井さんと第六回NHK桜フォトコンテスト最優秀賞の鈴木さんとお会いしました。














Canon EOS 6D
2017/06/10 03:44:59
Canon EF70-200mm f/2.8L IS II USM

「七夕」 2016年7月7日

2016-06-11_裏磐梯天の川02
画像クリックで拡大

2016年6月6日 撮影
裏磐梯 北塩原村


今日は7月7日「七夕」
織姫(こと座のベガ)、彦星(わし座のアルタイル)を今夜見れるかな、、、

写真は梅雨入り前に撮影した
薄明の時間の天の川

波立海岸 鳥居復活 / いわき市久之浜町

2016-06-26_いわき市波立海岸01
画像クリックで拡大


2016年06月26日 撮影
いわき市久之浜町
波立海岸



昨年、台風23号による高波と強風で壊れた鳥居が復活したとの事で
久々にいわき市波立海岸へ撮影に向かった。
日の出は4時15分頃、自宅を2時半に出発

新しい鳥居は、元の場所の向かって右側に設置されていた。

※壊れた鳥居の様子はこちらから
 http://big244.com/archives/13373














Canon EOS 6D
2016/06/26 03:58:35
Canon EF24-105mm f/4L IS USM


ブルーモーメント

2016-03-05_裏磐梯細野01
画像クリックで拡大

2016年03月05日





ブルーモーメント
この時間がたまらない














Canon EOS 6D
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012

桜の木の下で ~日の出を待つ~

20140411_日輪寺01


2014年4月11日 撮影
本宮市 日輪寺


桜の木の下で日の出を待つ







Canon EOS 5D Mark III
2014/04/11 04:57:34
1/50 秒
ISO 1600
F8.0
Canon EF24-105mm f/4L IS USM





鳥居のある海岸

20140323_勿来海岸02


2014年3月23日 撮影
いわき市 勿来海水浴場


鳥居のある海水浴場
勿来海水浴場に行ってきた

この後、ダルマ太陽を見れた








■勿来海水浴場(なこそかいすいよくじょう)
福島県いわき市勿来町にある海水浴場。
茨城県境近くに位置する遠浅の海水浴場で、福島県浜通りでも随一の広さといわれる。JR常磐線・勿来駅からも程近く、宿や海の家といった施設も充実している。
年間の入込客数はいわき市内の海水浴場では2位の約18万2000人(2010年)で、1位の薄磯海水浴場(約26万3000人、2010年)と人気を二分している。
この海水浴場は、平潟トンネル付近の断崖のすぐ北に位置しており、菊多浦(きくたうら)と呼ばれる海岸の一角である。従って、海水浴場の真ん中には二つ岩という奇岩が聳え立っている。これは昔から歌に読まれたり絶好の釣り場になったりと親しまれてきたものであったが、波の侵食による崩落などで海水浴客が危険に巻き込まれかねないため、福島県小名浜港湾建設事務所によって炭素繊維補強コンクリートを用いた擬岩工法で瓜二つに再現され、護岸も整備された。
近くには勿来の関公園がある。
wikipedia

薄明の金星

20140323_勿来海岸01


2014年3月23日 撮影
いわき市 勿来海水浴場



薄明の時間、金星だけが輝いていた








Canon EOS 5D Mark III
2014/03/23 04:50:49
15.0 秒
ISO 800
F11.0
EF28-70mm f/2.8L USM




追記:2014/03/24
この日は金星が西方最大離角だったみたいだ。

■金星の西方最大離角
明け方の東の空にひときわ輝く金星が、3月23日に太陽からもっとも離れて西方最大離角となる。
地球の内側を公転する水星や金星は、太陽の反対側に来ることはないので、決して真夜中には見えない。空の中での位置が太陽から大きく離れることがなく、見える時は必ず日没後の西の空か、日の出前の東の空となる。
今回のように太陽から西側にもっとも離れるときを「西方最大離角」と呼び、この日の前後は日の出前に観測しやすい。反対に太陽から東側に離れる「東方最大離角」のときは、日没後の西の空で観測しやすくなる。
AstroArts




星空から薄明へ

20140115_小野川湖01-LR
画像クリックで拡大


2014年1月15日 撮影
裏磐梯 北塩原村 小野川湖付近


星空から薄明へ










Canon EOS 5D Mark III
2014/01/15 05:46:52
20.0 秒
ISO 1600
F4.0
EF17-40mm f/4L USM