Category: 裏磐梯 / 猪苗代

赤い階段 / 土津神社






2011年11月20日 撮影

猪苗代町 土津神社

昨年は撮れなかったが今年は撮れた。




おかえり / 猪苗代湖白鳥浜






2011年11月20日撮影

土津神社の後に白鳥浜に寄り道



MAY PEACE PREVAIL ON EARTH / 土津神社







2011年11月20日 撮影

ピースポール
猪苗代町 土津神社

MAY PEACE PREVAIL ON EARTH
「世界人類が平和でありますように」


■ピースポール
ピースポールとは、「世界人類が平和でありますように」という言葉が書かれたポール。英語の《May Peace Prevail on Earth》をはじめとして、世界各国語にも翻訳されている。平和のシンボルとして日本各地、世界各国の神社・お寺・教会・モスク・公園等、さらに国連本部、世界銀行、アラブ連盟本部などの国際機関にも建立されている。


■Peace pole
A Peace Pole is a monument that displays the message “May Peace Prevail on Earth” in the language of the country where it has been placed, and usually 3 to 5 additional translations. The message is referred to as a peace prayer.
The idea of Peace Poles was first thought up by Masahisa Goi in 1955 in Japan. The Peace Pole Project today is furthered by The World Peace Prayer Society. The first Peace Poles outside Japan were constructed in 1983. Since then, more than 100,000 have been placed around the world in over 180 countries.
Peace Poles are made of many materials in varying sizes, from tall granite poles to small wooden ones. The text might be carved or etched or painted. In some cases it merely is a plastic sign attached with screws.
Peace Poles have been placed in such notable locations as the North Magnetic Pole, the Hiroshima Peace Memorial, and the site of the Egyptian Pyramids in Giza, the Aiki Shrine in Iwama, Japan, as well as numerous community parks. Frequently they are placed near the entrances of churches or schools. In one case, a garden, created for a wedding, was designed around the Peace Pole that was its center piece. The Republic of Molossia, a micronation, has a Peace Pole in eight languages.
Perhaps the world’s largest Peace Pole, at 52 feet, is located in Janesville, Wisconsin at the site of a KKK rally. The initial inspiration for planting Peace Poles often is as a response to a local issue like a KKK rally. Another of the largest Peace Poles in the world, as measured in tons, is the granite Peace Pole in Beech Acres Park near Cincinnati, Ohio. The original inspiration for it was hate literature left in the driveways of Jewish residents.






見頃までもう少し / 土津神社 猪苗代町 #02










2011年11月3日 撮影

昨日の続き

猪苗代町 土津神社(はにつじんじゃ)


見頃までもう少し / 土津神社 猪苗代町 #01









2011年11月3日 撮影

夕方、時間が出来たので先日も訪問した
猪苗代町 土津神社(はにつじんじゃ)へ

見頃はまではもう少し先
真っ赤な階段を撮りたい

曲沢沼 裏磐梯紅葉






2011年10月23日 撮影

レークラインで秋元湖を撮影した後は
曲沢沼にて

とても落ち着いた時間を過ごせた
また今は違う雰囲気で皆を楽しませているだろう






レークラインから秋元湖を眺める



2011年10月23日 撮影

中津川渓谷から次の撮影場所
レークラインから秋元湖が眺められる撮影ポイントへ


カメラ機種名 Canon EOS 7D
撮影日時 2011/10/23 7:39:33
著作権情報 Tsuyoshi Watanabe
Tv(シャッター速度) 1/8
Av(絞り数値) 16.0
ISO感度 100
レンズ EF-S15-85mm f/3.5-5.6 IS USM




中津川渓谷 磐梯吾妻レークライン


白布山が見える



少し光が差し込んで



中津川渓谷


2011年10月23日 撮影

磐梯吾妻スカイライン つばくろ谷の次に向かったのは
磐梯吾妻レークラインにある中津川渓谷

川沿いまで歩くと良い運動になる。



■中津川渓谷
例年の色づき始め:10月上旬
例年の見ごろ:10月中旬~10月下旬

秋元湖に注ぐ中津川渓谷は紅葉の名所として有名。磐梯吾妻レークラインの途中にあるレストハウスより徒歩15分程度で渓谷へ下ることができる。また、秋元湖畔道より渓流沿いを歩くトレッキングコースもある。

【所在地】 〒969-3100 福島県猪苗代町・北塩原村
【交通・鉄道】 JR猪苗代駅から車約30分
【交通・車】 磐越道猪苗代磐梯高原ICから国道115号・459号・磐梯吾妻レークライン経由約30分
【駐車場】 無料
【注意事項】 駐車場は中津川レストハウスを利用。
【お問合せ】
0241-32-2349(裏磐梯観光協会)
0242-62-2048(猪苗代観光協会)
024-521-5530(福島県道路公社)
0241-32-2850(裏磐梯ビジターセンター)


土津神社(はにつじんじゃ) / 猪苗代町












2011年10月22日 撮影

猪苗代町 土津神社(はにつじんじゃ)
ここは猪苗代スキー場の上り口にある

ちょっと早いとは思っていたが


■土津神社(はにつじんじゃ)
土津神社土津神社は会津藩初代藩主保科正之が「我死せば磐椅神社の末社となりて永く奉仕せん」と自らの埋葬地を猪苗代湖が一望できる磐梯山麓に決めていたことから翌寛文12年(1672)に死去すると二代藩主正経は遺言どおり神社の造営にあたった。保科正之は神道に通じ吉川惟足をに師事し、ト部家神道を学び「土津」という霊号を与えられたことから、土津神社と名付けられました。境内には社殿の他に亀石に乗った石造の顕彰碑(高さ5.45m日本最大とされる。)や保科正之公墳墓などがあり風致に満ちています。案内板によると「 会津藩祖・保科正之公を祀り、延宝3年(1675年)に造営された神社。その豪華絢爛な様式は日光東照宮にも比されたと言われています。惜しくも戊辰戦争の戦火に遭消失してしまいましたが、明治13年(1880年)に再建され現在に至っています。保科正之は、徳川二代将軍秀忠の子として慶長16年(1611年)に生まれ四代将軍家綱の後見役として20年間幕政の実権を握るとともに会津藩の好学・尚武の藩風を築いた名君と敬われています。 猪苗代町 」とあります。



達沢不動滝 / 猪苗代町 #02



2011年10月22日 撮影

達沢不動滝
猪苗代町達沢地区


カメラ機種名 Canon EOS 40D
撮影日時 2011/10/22 15:50:53
Tv(シャッター速度) 1
Av(絞り数値) 11.0
ISO感度 100
レンズ EF-S15-85mm f/3.5-5.6 IS USM
焦点距離 15.0mm